編集長・澤口珠子のオフィシャルサイトはこちら

→
←

恋愛と結婚の違いと、結婚に必要な3条件

婚活美人.comをご覧の皆さま、

女子力アップ/婚活コンサルタントの澤口珠子です。

 

「先生、『結婚』と『恋愛』は違いますか?」

 

私のスクール体験会でよく聞かれるこの質問。

 

きっと、同じようにお悩みの方いらっしゃるのでないでしょうか?

本記事では「恋愛」と「結婚」の違い、結婚に必要な条件についてお伝えします。

「恋愛」と「結婚」は違うか?結婚に必要な3条件とは!?

まず、「恋愛」と「結婚」は。。。

違います。

私が考える「結婚」に必要な条件は、以下の3つです。

「結婚」=「愛」+「相性」+「条件」


一方、「恋愛」はこのうちの1つ、「愛」さえあれば、成立します。

そして、もう1つ「相性」も揃えば、その交際は長続きしやすいでしょう。


離婚する人は、この3つのうち、どれか1〜2つで結婚した可能性が高いです。

ただし!

結婚は、「愛」と「相性」だけでは成り立ちません。

結婚には「愛」「相性」「条件」、この3つ全てが必須です。

結婚に必要な条件3つ

(1)愛

(2)相性

(3)条件

これから1つずつ、くわしくお伝えしていきますね。

「恋愛」の寿命は長くもって「??年」!?結婚に必要な3条件1つ目「愛」

まず1つ目の条件、「愛」についてお伝えしますね。

1、「愛」

「結婚に必要な3つの条件」の1つ、「愛」とは、「恋」や「恋愛」ではありません。

人類学者ヘレン・E・フィッシャーによると、
「生物学的に見れば、人間の男女の愛は4年で終わるのが自然である」
のだそう。

世界的にみても、結婚後4年で離婚する夫婦が多いのです。
(世界62の国と地域で調査した結果)

これはどうしてかというと、人は恋に陥るとPEA(別名「恋愛ホルモン」)という脳内物質が大量に分泌されます。

彼の全てが大好き!

彼のことを考えると、夜も眠れない、何も手につかない、

胸が一杯で食欲が湧かない、、、

まさにこんな状態がそうです。

それが、恋をして2〜3年経つと、このPEA(別名「恋愛ホルモン」)の分泌量が徐々に減ってきます。

そうすると、パーフェクトな理想の王子様だと思っていた彼が、実はどこにでもいる普通の男性だったと気付くのですね(笑)

彼の優しさが優柔不断に思えたり、
彼の食べ方や話し方が気になったり、
今まで気にならなかったことが気になってきたり、
今まで見えていなかったことが見えてきます。

何度もメールレッスンでお伝えしていますが、結婚は毎日続く平凡な日常です。

「恋愛」時代は、相手のことが好きだから許せていた事も、許せなくなるのが「結婚」生活です。

あばたもえくぼであった恋や恋愛が終わった後、その後に残るのが、

「結婚に必要な3つの条件」の1つ、「愛」なのです。

生物学では、PEA(別名「恋愛ホルモン」)が分泌されなくなると、脳内からセロトニンが分泌されます。

セロトニンは、安心感や多幸感を与えてくれるホルモンで、長く交際している相手と一緒にいることで分泌が高まります。

まさに、結婚生活を続けるのに必要なホルモンですね!

婚活美人.comをご覧の皆さんのお相手は「人間として」いかがですか?

男性・女性である前に、一人の人間として愛せますか?

彼のことを「人として愛おしい」と思えますか?

一時の情熱だけではなく、「愛」を育めるお相手なら、1つ目の条件はクリアです!

人間の??欲求が合うかどうかが大切!結婚に必要な3条件2つ目「相性」

次に2つ目の条件、「相性」についてお伝えします。

2、「相性」

ここでの「相性」には「価値観」も含まれます。

何度もいいますが、結婚って、毎日続く平凡な日常生活です。

当たり前ですが毎日顔を突き合わせ、同じ空間で過ごす訳です。

「相性(価値観)」が合わないと、一緒に暮らし続けることは出来ません。

逆に「相性(価値観)」が合う男女は、一緒にいて楽で居心地が良いので、交際や結婚に至りやすいですし、長続きしやすいといえます。

この「相性」は幅広いです。

まずは、いわゆる「人間の3大欲求」です。

(1)食欲

・味覚、味付け
(濃い、薄い、好みの味付け、など)

・食の好み
(和食派、洋食派、カレーやパスタなど子供っぽいものを好む、ヘルシー志向、ベジタリアン、など)

・食べ方

・食習慣の違い

など

(2)性欲

・体の相性

・性欲の強弱

・性の趣向

など

(3)睡眠欲

・睡眠の相性
(一人で寝たい/一緒に寝たい)

・いびきが我慢できない

・暑がりと寒がり

など

結婚相手を求める前にまず考えてほしいこと

最後に3つ目の、「条件」についてお伝えしますね。

3、「条件」

「条件」と聞いて、まずパッと思い浮かぶのは「年齢」と「年収」でしょうか(笑)

婚活コンサルタントとして沢山の方の相談をお伺いして。。。

女性は男性の「年収」
男性は女性の「年齢」

を気にされる方がすごく多いと実感しています。

その他、条件は様々なものがあります。

・外見(身長、ハゲ、メタボなど)
・学歴
・バツイチ/バツイチでない
・子あり/子なし
・喫煙/喫煙でない
・都会暮らし/田舎暮らし
・長男/長男でない
・親と同居/同居でない
・一戸建/マンション
・共働き希望/専業主婦希望
などなど。

ここで、今一度しっかり!!!!

婚活美人.comをご覧の皆さんにご自分と向き合っていただきたいのです。

それは、、、
今後自分はどんな人生を生きたいのか?

出産したいのか?それは絶対か??

今の仕事を続けたいのか?

他の仕事でもいいのか?(転職、パートナーの都合に合わせて)

専業主婦がいいのか?

などなど。。。

今一度しっかり!!!!考えてほしいのです。

もう良い大人なのですから、自分のお尻は自分でふきましょう! 

ご自分と向き合うポイントはただ1つ。

それが本当に自分が求めるものなのかどうか?

心の声に耳を傾けること、です。

決して、世間や親、兄弟、今までの彼氏、友達からの刷り込みではないこと。

他人の人生ではなく、自分の人生です。
自分自身が決めましょう。

自分以外の人間に、とやかく言われる筋合いはありませんし、自分以外の人間に、自分の人生を委ねるのってとても危険だと思いませんか?

ちょっとお下品な表現ですが。

もう良い大人なのですから、自分のケツは自分でふくのです。

「今後自分はどんな人生を生きたいのか?」


これらが明確になると、結婚相手に求める「条件」が明確になります。

例えば、今、結婚相手に求めている年収は本当に必要なのか?

結婚後も、絶対に仕事を続けたい!のであれば、2人で働いて、世帯年収600万円あれば大丈夫。

それなら、年収にこだわるよりも、家事や育児に協力的で、私の仕事を応援してくれる男性がいい。

など、今まで結婚相手に求めていた「条件」が変るかもしれません。

最後に

この記事をきっかけに、ご自身の人生を今一度じっくりとフィードバックしていただき、「結婚」も含めた人生の「在り方」について考えていただければと思います。

 

 

それでは、次回もお楽しみに!

各種案内

unnamed-10

 

unnamed-10

 

 

s_スクリーンショット 2014-01-03 4.46.35

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
総合的な女子力をアップさせたい方は
こちらの無料メールレッスンをご受講ください

毎日届く1日3分読むだけで婚活美人に 365の魔法のレッスン

ネット婚活ノウハウを学びたい方は
こちらの無料メールレッスンをご受講ください

毎日届く90日間で結婚につながる恋愛をはじめる ネット婚活メールレッスン

婚活美人.com編集長の 無料メールレッスン